医療保険新商品、保険料を較べてみよう

先週は、医療保険大手A社の新商品についてお話しました。これまで、同社の医療保険は
常に標的にされ、A社より保障内容は手厚く、保険料は安い商品が 、多くの新興保険会社
から発売されてきました。この新興勢力に対抗するため低価格商品を投入するのです。

インターネットや乗り合い型の代理店で、複数の商品を較べて保険を選ぶ消費者が増えて
いることもあり、コストパフォーマンスの良い商品を発売して、自ら低価格競争に参入する
構えです。

今回はこの新医療保険と各社の医療保険を、保険料で較べてみましょう。ベースをそろえる
ため1日の入院給付金は5000円、1回の入院は60日型で、表を作りました。保障内容では
一部異なる部分もあります。
画像

確かに5社で比較すると、保険料は割安になりました。特に若い世代では男女とも割安
なっています。ただレディースプランは、保障内容が他社より多少見劣りがします。他社では
TA社が乳房再建給付金、MA社が女性疾病手術給付金があり、O社とMD社は女性特有の
病気に加え、がんによる入院も給付金が増額されています。これに対してA社は、女性特有の
疾病による給付金のみの増額に留まり、従来あった形成治療給付金(1回につき10万円)の
保障はなくなりました。

しかし、短期の入院に対する一律5日分の保障や入院前の通院保障など新設された保障
内容は強力で魅力的です。

複数の保険を手にとって十分比較し、自分のニーズに一番あった医療保険を選びましょう。