本日発売!!払った保険料が戻ってくる医療保険

本日、話題の医療保険が、T保険会社から発売されます。

この医療保険は、契約してから70歳までに払った保険料の全額が、健康還付給付金として
戻ってくる、というものです。もし、途中で入院や手術をして給付金を受け取った場合には、
70歳までに払った保険料が、入院給付金の合計金額を上回る時には、その差額が戻ってきます。

今日は保険料を比較してみましょう。まず、同じT保険会社で現在発売されている現行の医療保険と
比較してみます。

画像

健康還付給付金の受け取りがあるため、現行の医療保険に比べて、男性では1.5倍~1.8倍、
女性では1.5倍~1.9倍ほど割高になっています。

次に保障内容が充実している上に保険料が安いので人気の、M社の医療保険と保険料を比べて
みましょう。共に、先進医療を付加した保険料で比較します。
画像

たとえば男性も女性も90歳まで生きると仮定しましょう。90歳までの実質の保険料負担金額を
契約期間で割って実質的な月払い保険料を算出してみました(表の右側から2番目の欄です)。
これによると、M社の保険料に比べ、70歳時に健康還付給付金をもらっても、女性は30歳でほぼ
同等です。40歳・50歳ではM社より余分に払わねばなりません。一方男性は30歳・40歳で、
M社より若干保険料は割安になります。50歳ではM社より保険料は割高になります。

もっとも、入院給付金が10,000円になると、T社は保険料の割引制度があるため、10,000円で算出すると、
女性の50歳を除いて、T社の方が実質保険料は割安になります。

年払いや前納払いで保険料を支払うと、70歳時の健康還付給付金は月払い保険料をベースに
還付されますので、節約ができます。

この保険は70歳までに払った保険料は全額戻ってくるので、それまでは絶対解約してはいけない
保険です。