払った保険料が戻ってくる医療保険

新聞報道されるや、問い合わせが殺到している保険が、いよいよ来週、T保険会社から発売されます。

この医療保険は、契約してから70歳までに払った保険料の全額が、健康還付給付金として戻ってくる、
というものです。もし、途中で入院や手術をして給付金を受け取った場合には、
70歳までに払った保険料が、入院給付金の合計金額を上回る時には、その差額が戻ってきます。

たとえば30歳の男性が入院日額5000円のコースに契約した場合の、健康還付給付金の受け取り例を
見てみましょう。
画像

この保険のポイントは2つです。
①70歳時に、それまで払った保険料が戻ります(リターン)。
②健康還付給付金を受け取った後の70歳以降も、保険料は加入当時のままで変わりません。
 保障は一生涯続きます(リザーブ)。

この保険はこんな方々におススメです。
 ○今は健康だから医療保険は必要がないと思っている方
 ○入院は短縮化傾向にあり、いまの保障内容ではコストとリターンが見合わないと思っている方
 ○入院リスクが高まるのは高齢になってからなので、その時に入れば良いと思っている方
 ○掛け捨ての医療保険は、もったいないと思っている方

病気になるリスクは高齢になると高まりますが、その時入りたくても、健康上の理由で加入できないことが
あったり、保険料が高くなるということがあります。

70歳までの実質のコストは0になり、70歳以降も生涯の入院保障を確保しているこの保険、魅力が
あると思いませんか!?

契約できる年齢は0歳から50歳までです。この保険は比較的若い世代の方々向けの保険だと
いえましょう。

次回は、保険料を現行のものと比較してみましょう。